• ホーム
  • 日本人のまつげは西洋人のものよりも短いというのは事実です!

日本人のまつげは西洋人のものよりも短いというのは事実です!

美しいまつげ

日本人のまつげは、平均して約7ミリの長さがあります。この長さを目安に、自分は長い・短いと判断できそうですが、西洋人の平均が約8ミリであることを考慮すると、日本人のまつ毛は短い傾向にあると言えるでしょう。

まつげが長いと、ぱっちりとした目元になりますが、毛の量も目元の印象に大きく影響します。一般的に日本人女性のまつ毛の量は、西洋人よりも20%ほど少ないと言われています。西洋人女性の目元は、メイクをしていなくても、大きくはっきりしているという特徴がありますが、長さに加え、ボリュームがあるからだと考えられます。髪質にも違いがあり、柔らかくコシが弱めの日本人のまつげに対し、西洋人の毛は太くしっかりとしている傾向があります。

毛先がカールしているかどうかでも、両者に差が出てきます。日本人のまつ毛は毛先が下を向いているタイプ(すだれまつ毛)で、西洋人のは毛先がくるっとカールしている場合がほとんどです。両者の特徴は横から見ると顕著で、日本人のまつ毛は水平より下に向き、西洋人のはビューラーでしっかりとカールをつけた時のように、水平より上向きになっています。

日本人と西洋人でまつげの長さに差があるのは、成長速度や寿命が関係していると言われます。まつ毛は成長が止まるまで伸び続けますが、その期間が短くなればなるほど、まつ毛の長さも短くなります。寿命が短いということは、成長してから抜け落ちるまでのサイクルが短いということですので、抜け落ちる頻度が高くなる分、ボリュームが少なくなってしまいます。西洋人のまつげは日本人の2倍のスピードで伸び、寿命も長いと言われていますが、成長速度や寿命の差が、まつ毛の特徴をそれぞれ生んだと言えます。

日本人のまつげは、西洋人に比べて短い傾向がありますが、中には長いまつ毛を持つ人もいますので、平均値で比較した上の特徴と考えるのが無難です。自分のまつげの長さを知りたいならば、ぜひ測定してみましょう。簡単な測り方は、抜け落ちたまつ毛を目盛りのついた定規を使って長さを調べることです。まつ毛の長さはすべて同じというわけではないので、この方法は簡易的ですが、大体の長さを把握したい人に向いています。

市販されているアイラッシュスケールを使うと、まつげの長さや角度について、より正確な数値知ることができます。まつげを測定する際は、定規やツールが目に当たらないように気をつけましょう。眼球に傷を付ける恐れがあります。自分で測定するのが難しい場合は、専門店で測定してもらうことをおすすめします。

関連記事
ケアプロストの購入方法の中で一番手軽なのは個人輸入を行うこと 2020年07月03日

ケアプロストを手軽に購入するなら、個人輸入サイトがおすすめです。個人輸入サイトは、海外から医薬品やサプリメントを日本に輸入していて、処方箋が必要なものから、海外で承認された医薬品まで幅広く取り扱っています。病院より安価で販売される傾向があり、同じ薬を繰り返し利用している人や、薬代をできるだけおさえた...

まつげを伸ばす効果がある成分を配合するのがケアプロスト! 2020年07月01日

ケアプロストは、インドのサンファーマ社が製造したまつげ育毛剤で、ルミガンのジェネリック医薬品として誕生しました。有効成分は、ルミガンと同じビマトプロストです。ルミガンは、もとは緑内障を治療する目薬として用いられていましたが、薬を使用した患者たちから、まつ毛が伸びるという副作用が報告されるようになりま...